大切な地域のつながり(大阪市城東区編)


大阪市城東区では、地域コミュニティ型の踊りチームがたくさんあります。子ども達がスクール形式で習うのではなく、地域の大人の方が、子ども達の居場所づくりとしてボランティアで運営されているのが大きな特徴です。

私たちの「踊りを通した青少年健全育成」という理念にご賛同頂き、ずっとご縁を繋いでいます。

地域の子ども達の居場所をつくり、保護者だけでなく地域の大人の方が見守る。昨今希薄になって久しい、地域の世代間の交流が図れる大切なコミュニティになっています。長いところでは15年を越えるチームもあったり、大学生や高校生になった「もと子ども達」が今の子ども達に教える、そんな理想的な形になっているチームもあります。継続して活動を続けておられる皆様には頭が下がります。

先日は、その中の10チームが集まり、お互いの演舞を観て学び合う「城東区ゆめこいワッショイ勉強会」が開催されました。

それぞれの演舞を観て、1チームずつ僭越ながら講評をさせて頂く、そんな勉強会ももう8年目。今年もいろいろな驚きや感動があり、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

今年はまた新たな小学校区での子ども達のチームが立ち上がり、元気いっぱいの演舞を見せてくれました。次は大阪メチャハピー祭に参加してくれることを勝手に楽しみにしています。

個人的に生まれが城東区なので勝手な思い入れもたくさんあり、このご縁をまた広げてゆきたい、そう改めて感じた一日でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA